メンタルを強くする方法と考え方

傷つきやすい、落ち込みやすい、心配なことがあるとそればかり考えてしまう。
いわゆるメンタルが弱いことで悩んでいる人はたくさんいると思います。

私もかつては豆腐のようなメンタルで、強くする方法を模索していました。
その過程で得られた知識を今回は共有したいと思います。

マインドフルネス

マインドフルネスとは、自分の身体と呼吸に注意を向け、私たちの心に湧き上がる様々な考えを判断を加えることなく観察することです。
仏教の瞑想がもとになって、そこから宗教色を取り除いたもの、といった説明もたびたびされます。

マインドフルネスはスティーブ・ジョブズが実践していたことで知られ、
他にもGoogleFacebookといった世界的大企業が取り入れたことで話題を呼びました。

メンタルに対する効果

様々な研究で以下のメリットがあることが分かっています。

・ストレス軽減
・鬱や不安症状の低下
・集中力の向上

脳の変化

研究によれば、マインドフルネスを8週間行うことで、脳の偏桃体という部分が縮小しました。
偏桃体とは脳の真ん中ぐらいにある、アーモンド状の部位です。

偏桃体は不安や恐怖といったストレスに反応し、活性化します。
活性化すると、いわゆる闘争・逃走状態となり、ストレスホルモンが分泌され、血圧が上昇してしまいます。

マインドフルネスを行い、偏桃体が縮小することで、不安や恐怖に強くなります。

マインドフルネスの方法

1・静かでリラックスできる所で行う。
2・椅子や座布団などの上に背筋を伸ばして座る。
3・肩の力を抜き、軽く目を瞑る。
4・呼吸に意識を向ける
5・意識が逸れたら慌てず意識を再び呼吸に戻す。
6・4と5を繰り返す。

時間は最初は2.3分、慣れてきたら10分、15分と時間を伸ばしていってください。

期待しない

他人への期待が大きいと、それを下回った時、失望も大きくなり、落ち込んでしまいます。
基本的に他人はコントロールできないので、これくらいやってくれて当然だろうと相手に期待したとしても、思い通りにいくことは少ないです。
期待通りにいかないと、人は怒ったり、落ち込んだり、無駄なエネルギーを使うことになります。

反対にあまり他人に期待しないと、エネルギーのロスが少なくて済みます。
また、小さなことで他人に感謝することができます。

自分の思考を振り返り、普段どれだけ他人に期待しているか考えてみてはどうでしょうか?

他人はそれほどあなたを気にしていない

他人の目を意識しすぎたり、人からどう思われるんだろうと気にするあまり、精神的に疲弊してしまっているかもしれません。

しかし、一度考えてみてほしいんですが、あなたは他人のことをどれだけ気にして生活していますか?

例えば職場や学校などで毎日顔を合わせる人であったとしても、一人一人にそれほど注意を向けているわけではないと思います。

むしろただ同じ空間にいるだけで、興味がない人の数の方が圧倒的に多くないですか?

なので、自意識過剰で悩んでいる人も、あなたが思っているほど周りはあなたを気にしていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました