【面接】緊張対策【転職】

未分類

あがり症で面接が上手くいかない、という人は多いと思います。

私も不安や緊張を感じやすい性格で、昔から苦労しました。

そんな性格が嫌で、少しでも改善すべく色々な本を読んできました。

そこで得られた知識に転職の面接でも助けられました。

その方法を皆さんに共有します。

記事の前半は事前準備、後半は緊張してきた時の対処法を紹介しています。

事前準備をする

準備は万端ですか?きちんと対策せずに面接にのぞんで緊張するのは当たり前です。

想定問答を用意する

面接でよく聞かれる質問についての答えをあらかじめ用意します。
また、企業HPをよく読んで、志望する企業についての理解を深めてください。

よくある質問の例
・志望動機
・転職理由
・自己紹介(職務経歴)
・将来のキャリアプラン
・強み、弱み
・これまでで苦労したこと、その乗り越え方
 

逆質問を考えておく

ほとんどの面接で、逆質問の機会を与えられると思います。
その時に何も質問を用意していないと、志望度が低いと思われて評価が下がります。

ですので最低3つ以上は用意しておいてください。

【面接対策】おすすめ逆質問8つ

模擬面接をする

逆質問や想定問答を準備したら、できれば模擬面接をしてください。
面接官役は親、友人、恋人、だれでも良いです。

プレゼンやスポーツと同じで、本番に近い状態で練習することで、力を発揮しやすくなります。

もし模擬面接ができない場合は、目の前に面接官がいることをイメージして、声に出して練習してください。声に出すことで、言葉のチョイスや流れの悪さに気が付きやすくなり、より伝わりやすい内容に変更することができます。

転職エージェントを活用する

面接を受ける企業の過去の質問例や面接官の人柄など、知っておくと有利な情報をエージェントが持っている場合があります。

企業への問い合わせも代理で行ってくれますので、気になることはどんどん質問しましょう。

睡眠をしっかりとる

close up photography of woman sleeping
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

私の経験上、短い睡眠時間で挑んだ面接はめちゃくちゃ緊張します。

睡眠不足だと頭も回らないので、前日はしっかり寝てください。

カフェインに注意

clear drinking glass and pitcher
Photo by Elizaveta Kozorezova on Pexels.com

緊張しやすい人、カフェインに敏感な人は、面接前にコーヒーやエナジードリンクなどを飲むのはお勧めしません。

ご存じの通り、カフェインには覚醒作用があります。
緊張している時、要は覚醒した状態でカフェインを摂取すると、過度に緊張する原因になってしまいます。

なので、面接前は控えた方が良いでしょう。

緊張を和らげるテクニック

深呼吸

すぐにでもできる方法は深呼吸です。
特に、吸った時間の倍の長さで吐くようにしてください。
詳しくは過去記事を参考にしてください。

緊張をおさえる呼吸法

漸進的筋弛緩法

面接が近づいて心理的に緊張しているとき、同時に筋肉にも無駄な力が入り、緊張状態にあります。
そこで漸進的筋弛緩法を使い、筋肉を緩めてやります。

呼吸もそうなのですが、肉体からのアプローチで心理的な緊張がかなりほぐれるのでやってみてください。
漸進的筋弛緩法のやり方は以下の記事を参考にしてください。

リラックスする方法

二人称で励ます

準備をしっかり行っていたとしても、不安に襲われて自信が持てない時があると思います。
そこで「俺ならできる」と一人称ではなく「あなたならできる」というふうに、二人称で励ましてみてください。
心理学の実験で二人称で励ました方が、スピーチの成績がよかったことがわかっています。
理由は二人称で励ますことで、一歩下がって自分を観察できるようになるからと考えられます。
メタ的に自身を観察することで、心理的に距離が取れて緊張も和らいでいきます。

最後は受け容れる

事前準備をしっかりして、紹介したテクニックを全て試したとしても、緊張が完璧になくなることはないと思います。
緊張を完全になくそうとするのではなく、緊張を受け容れてください。
戦ったり、抵抗するのではなく、あるがままの状態にしてください。

自分でコントロールできないことは最後は受け容れて、やるべきことに注意を向けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました