メンタルが強い人の特徴

未分類

今回は私が思うメンタルが強い人の特徴を書いていきたいと思います。

ネットでメンタルが強い人の特徴について調べてみると、ポジティブシンキングとか
自信が大切とか書かれていることが多いです。
だけどなんか納得できないので私なりの考えを書いていきます。

自分に対する優しさ

仕事でなにかミスをした時、過度に自分を責めてしまったり、自己批判してしまう人がいます。(かつての私です)
過度な自己批判というのは自分の心に対する自傷行為のようなもので、これをしているとどうしてもメンタルが落ち込んでしまいます。
もちろん失敗したら、繰り返さないように何か対策を講じることは大切だと思います。
ですが、自分を罵倒したところで、事態がよくなるとは思えません。

自分に優しくする方法を紹介します。
それは自分を親友のように扱うことです。
目の前に落ち込んでいる親友がいると想像してください。
なんと声を掛けますか?
おそらく相手のことを思いやり、優しい言葉をかけると思います。
それを自分に対してもやってみてください。
頭でイメージするだけでもいいですが、落ち込んでいる自分に対して手紙を書く方法も効果的だと思います。

ストレス解消法の数

ストレスを解消する方法を多く持っている人はメンタルが強い傾向にあると思います。
おすすめはお気に入りのストレス解消法をリストアップしておくことです。
そのようなリストをコーピングリストといいます。
皆さんもコーピングリストを作成してはいかがでしょうか。

参考に私のコーピングリストの一部を紹介します。

・散歩をする
・瞑想をする
・昼寝をする
・YouTubeで動物の動画を見る
・筋トレをする
・友人と電話をする
・過去の楽しかったことを思い出す
・自然豊かなところに行く
・コーヒーを飲む
・筆記開示をする

物事の捉え方

3つ目は物事の捉え方です。
認知行動療法の記事でも書いた通り、病みやすい人には特有の認知のパターンがあります。
メンタルが強い人は逆にバランスの取れた認知だと思います。
例えば、「全か無か思考」という認知が強いと少しのミスでも完全な失敗だと捉えてしまいます。

ですが、バランスが取れている人の場合、
「ミスがあったけどトータル70点ぐらいだからまぁいいか」と考えて無駄に落ち込んだりしなくて済むのです。

他にも例えば仕事で上司に怒られたとします。
その時、メンタルが強い人は自分に落ち度が何割ぐらいあるのか考えます。
頭の中に円グラフを浮かべるのです。
上司の考え方に問題があるのか、仕事の難易度や量に問題があるのか、自分の経験不足なのか、はたまた怠けていたからなのか。
このように冷静に分析してみると、そんなに自分は悪くないと思えるのです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました