自責、自己批判に効く 「セルフコンパッション」

未分類

この記事で得られること

・セルフコンパッションとは
・セルフコンパッションをお勧めする人
・セルフコンパッションを高めるメリット
・高める方法

セルフコンパッションとは自分に対する思いやり、慈しみと訳されたりします。
親しい友人に思いやりをもって接するように、自分自身にも接してみよう、ということです。

日本人はセルフコンパッションが低い?

訪日外国人が『日本人は親切な人が多い』と日本の印象を語るのを聞いたことはないでしょうか。

これはあくまでも私の主観ですが、日本人は他者に対する思いやりを持っている人が多いのではないかと思います。犯罪の発生件数の少なさや、落とし物が無事に届けられることも多いですよね。
その反面、自分に対する優しさや、思いやりは諸外国に比べ低いように感じます。

自殺件数の多さや、『過労死』という言葉が外国語の辞書に載るなど、自分を犠牲にして頑張り過ぎたり、自分を追い詰める人が少なくないと思います。

そんなついつい頑張り過ぎてしまう、自己批判や自責の念が強いそんな方にセルフコンパッションをすすめたいと思います。

セルフコンパッションによって得られるメリットは主に以下の3つです。

・幸福感が高まる
心が穏やかになります。
・不安や憂うつ感の減少
・ストレスの減少

セルフコンパッションを高める『慈悲の瞑想

・背筋を伸ばして座る
・リラックスして呼吸を整える
・頭の中で自分の大事な人を思い浮かべ、以下の言葉を心のなかで唱える
『あなたが幸せでありますように。あなたの願いが叶いますように。
            あなたの悩み、苦しみがなくなりますように。』
・同じ言葉を自分自身にも向ける
『私が幸せでありますように。私の願いが叶いますように。
          私の悩み、苦しみがなくなりますように。』

自分自身の幸せを願うのはなんだか恥ずかしかったり、気が進まないひともいると思います。私も初めはそうでしたが、やっていくうちにだんだんと慣れてきます。

セルフコンパッションを高める方法はいくつかあるので、いずれ紹介しようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました